この金融政策が日本経済を救う

高校生にもわかる金融政策の本だそうですが、
アラウンド40の私には少々難しかったです。

基本的には、景気を良くする、
維持する政策は金融政策しかない。
経済政策では高々知れているし
円高になって輸出が減少して
輸入増加という形になって、
海外に資財が流出するだけだ。
との事だ。
大事なのは政府の認識とリーダーシップ。
日銀の「独立性」についても
手段は独立性を確保するけど、
目標は政府と協調して決定するという姿勢をもたなければいけない。
目標を達成できなければペナルティーも必要だ。

政府や日銀の金融政策をジックリ見ていれば、
日本の景気の動向がわかってくるかも…


この金融政策が日本経済を救う (光文社新書)
光文社
高橋洋一

ユーザレビュー:
金融政策に興味が持て ...
景気回復のため異例と ...
金融の仕組みを知るに ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

めぐ
2009年03月31日 08:53
東洋大学経済学部総合政策学科教授で金融庁顧問の高橋洋一が財布やブルガリの高級腕時計を盗んでいたことには、びっくりしてあきれた!この男は国民の財産を食いまくってふところに入れた国賊小泉中川竹中の家来で郵政私物化をやった最悪の凶悪犯だ。親分の小泉中川竹中が国民をだまして国民の資産をごっそり強盗して逃げたように子分も同じ強盗なのである。こんな強盗殺人鬼が日本の主要ポストについて国民を強制的に虐待してクイモノにしているのだから、凶悪日本政府を滅ぼさなければならない。

この記事へのトラックバック