「新説 桶狭間合戦」 橋場日月

桶狭間の戦いといえば、
織田信長の一世一代の奇襲攻撃によって
凡将の今川義元を討ち取った事件。
特に義元については、
公家のような姿でバカな大将というのが定番。
織田に10倍する大軍で京を目指すが、
先勝に気をよくして、地元の農家にもらった
食べ物なんかを振舞って、
宴会を始めて、突然の大雨のドサクサに
信長に襲われて討ち取られた
間抜けな大将とされている。

この本の前半は今川家と織田家について
過去にさかのぼって検証している。

今川家の戦略は駿河、遠江を本拠にし
太原雪斎、松平党の力で三河を勢力に加え
北条、武田と結び後方の安全を確保し
尾張、伊勢湾に勢力を伸ばそうとしていた。
義元の下で今川家は領国内の安定した経営をし
雪斎が死んだ後も自ら三河を統治していく。
その姿を見ても、義元はなかなかやり手だったのではと思われる。

織田家はやり手の信秀がせっせと尾張での勢力を
拡大していく。
その後信長が信秀を引き継ぎ大混乱の
尾張を徐々に統一していく。
桶狭間の前年にほぼ統一。
信秀の頃の最大の動員兵力は7000くらいあった。
桶狭間の時には9000人くらい。桶狭間へは
5000人くらい投入した。
今川家は桶狭間に10000人くらい投入と見積もっている。

後半部は桶狭間の戦いを具体的に検証していく。
義元の具体的な進攻の目的。
信長の戦略。
豊富で適切な図のお蔭で、
小説を読むようにイメージがわいて
読むのが楽しくなる本です。
信長がありえないような奇襲で勝ちを拾った
勝負ではなかったことが分りますが、
詳しくは本で。

伊勢湾をめぐる新しい織田、今川の争いの視点が
とても分りやすくて、しっくりきた。
今、もう一冊似たような視点の本を読み始めています。
その本についてはまたあとで。

新説 桶狭間合戦―知られざる織田・今川 七〇年戦争の実相 (学研新書)
学習研究社
橋場 日月

ユーザレビュー:
日曜歴史家・大健闘! ...
目から鱗桶狭間の戦い ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック