秀吉の枷

加藤廣氏の本能寺3部作のうちの2作目。
1作名が信長の棺、3作目が明智左馬助の恋。

天下を取ってからの秀吉の心情を書き込んでいて、
今までの秀吉像とまた違うところがたくさんあっておもしろい。
とにかく苦悩ばっかりでその苦悩を読んでるうちに、
朝鮮出兵やら関白秀次の一族皆殺しなどがどんどん進んでいく。
外からみてるとなんとも愚かな事なんだけど、
秀吉の苦悩の中から見てみると、そういう選択肢になるのかー、
と少し納得したりして。

前半は前野将右衛門が結構活躍するんだけど、今まであんまり注目したことのない
武将だったんで、新鮮でした。

桶狭間の戦いも本能寺の変も大胆に創作しています。
特に桶狭間は大胆すぎないか?という気もするけど、
まあ小説ですから、自由な解釈で。

前回の信長の棺が歴史ミステリーっぽいところが楽しく読めたが、
今回は文庫で上中下の3冊あるけど結構間延びしてるというか、
あきる。
3作目を読むか少々悩む。


秀吉の枷〈上〉 (文春文庫)
文藝春秋
加藤 廣

ユーザレビュー:
でも面白いいくつかの ...
きちんと全巻読みまし ...
エンターテイメントと ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



信長の棺〈上〉 (文春文庫)
文藝春秋
加藤 廣

ユーザレビュー:
やはりそういう結末か ...
信長の遺骸は何処へ消 ...
「天地人」から歴史に ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック