国際貢献のウソ

伊勢崎賢治氏というアフガニスタンの武装解除で有名な人の著作。
自分で実際に行動して現場にいって体験している事なんで説得力がある。
文書のはしばしにちょっと熱過ぎるというか、勢い強すぎと言うところもあるけど、
そこがまたよい。
NGO、ボランティア、国連、青年海外協力隊、ジャイカ、ODA、自衛隊。
問題点や今後の戦略についてよく分る本。
問題が大きすぎて、理想と現実の区分はどうかと考えたりするが、
こういう人が実現してきたんだから、理想を現実にすることが、
決して不可能ではないんだろうなと思う。

国際貢献のウソ (ちくまプリマー新書)
筑摩書房
伊勢崎 賢治

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 国際貢献のウソ (ちくまプリマー新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック