昔 父は日本人を殺した

NHKスペシャルです。
久々に心に響く一本です。
沖縄戦の話ですが、いつも日本軍がどうのこうのって話が多くて
話がまぎれるんだが、日本に上陸して攻撃してきたのは
アメリカ軍。
日本人を殺したのはアメリカ人だ。
もちろん戦争の敵国だからアメリカも必死だったのかもしれないが、
民間人を大量に殺したのもアメリカ人だ。国際法違反。9万人死んだ。
「抵抗も出来ない住民に無差別に攻撃してきた」と
めずらしくアメリカが憎いという日本人が出てくる。「アメリカの正義とは何だろう!」
番組は民間人もいる洞窟に火炎放射、手榴弾投下をした事実をきちんと述べている。
いつもはなしがまぎれるのだが、日本人は
アメリカと戦争をした。
そしてボコボコにやられた。
その戦争のにくい相手をなぜか日本軍に求める論調には
そろそろうんざりしてます。


別に考えると戦争は終わればそれは外交の延長戦だから
大きな意味では憎しみより称えあうような関係がいいんだろうけど、
東京裁判があるから、そんなふうにもなれない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック