原発崩壊 増補版 明石昇一郎

昔はよく原発関係の本を読んでいた。
ネットとか普及する前の頃、だから相当前だと思う。
広瀬隆を中心に反対も推進もちょこちょこ読んでた。
当時は本ぐらいしかなかった。
最近は少し興味が薄れて、新聞がメインで週刊誌とネットを少々で情報を見てた。
テレビは全然原発の特集しないから、事故があっと時くらい。
それも(今回もそうだが、)起きたばかりのときは絶対正しい事を言わない。
政府系の発表だけ。
メルトダウンする恐れのある状況はたくさんあったと思うが、
絶対言わない。実際3.11までメルトダウンはなかったけど、、、
今回の事故でメルトダウンしている可能性は100%近かったはず。
1時間も燃料棒を冷やしていなければ、メルトダウンして当たり前。
と言うことを政府がきちんと言わない、
それできちんと避難をさせないと言うのは論外で許せないが、
マスコミが自分の責任をかけて正しい情報を伝えようとしないのには、
ほんとに頭にくるし、情けない。
中国の事なんか言えない。まるっきり。

この「原発崩壊」は基本的には事故前にかかれたもの。
新潟県中越沖地震マグニチュード6.8でおきた
柏崎刈羽原発での火災事故と
浜岡原発が原発震災に見舞われたらというシュミレーションがメインです。
ほんとにこの本事故の前に書かれてたの?ってくらい的確。
なんでこんなことになっちゃたの?ってのが良く分るし、
シュミレーションはまさに3.11以降と同じことが起きてる。
こういう研究がされてるのになんでうまく対応できないのか?
その前に原発をやめれば良かったんだろうけど。

とにかく原発なんてやめれば良かったんだ。
だから言ったんだ、っていう人、自分の周りには少ない。
原発ってこんなに危険だったんだ~って、始めて気づいたという人が多い。
政・官・電の作戦が異常にうまくいってたって事だろう。
気づかないうちに洗脳されてるんじゃないかとおもうと恐ろしい。
原発崩壊 増補版-想定されていた福島原発事故
金曜日
明石 昇二郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 原発崩壊 増補版-想定されていた福島原発事故 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック