原発のウソ 小出裕章

原発関係の本が最近たくさん出てる。
昔はわかりやすくてよくまとまってる本は一部しかなくて、
この本なんか、なんで事故の前に出てなかったんだろう。
事故があってからじゃあもう遅い。
遅いったって真剣に考えなくちゃいけないんだけど。
昔は、ここに書かれてること、放射能ってなんだとか
原発はどうやって発電してるか、
原発の危険性、核の放射能に汚染されたごみの問題について、
まとまった本が少なくて、あっても難しいのが多かったけど、
この本は整理してよくわかる。
この書の中に日本の原子力の実力は後進国だと出てたのは、
こういうこと言うのは初めてでびっくりした。
ただ事故の対応見てると、また報道にできた専門家の話を今考えてみると
そうだろうなと納得させられる。
原発のウソ (扶桑社新書)
扶桑社
小出 裕章

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 原発のウソ (扶桑社新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック