山本兼一

白鷹伝というの火天の城という信長物の2作品を読んだ。
信長を支えた技術者の話。
物語の視点が全く新しくて、特に火天の城は引き込まれた。

白鷹伝は小林家鷹(実在)という浅井、信長、秀吉、家康の鷹匠として仕えた人の物語。
ブラタモリで少し鷹匠のことを見てたのでイメージ湧いた部分もあったけど、
全く知らない分野で全く知らない人なんで、興味深く読めた。
大盛り上がりとかサスペンスとかあんまりないんだけど、それでも
最後までだれずに読めます。

火天の城は安土城を作った大工岡部又衛門(実在)の話。
東大寺はじめもちろん壮大な建築物は色々あったんだろうけど、
その技術的な苦労話って聞いたことなかった。
職人の意地や誇りがたっぷり詰まって、
これもまた大盛り上がりは少ないないんだけど
内容が引き込まれます。

火天の城 (文春文庫)
文藝春秋
山本 兼一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 火天の城 (文春文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



白鷹伝―戦国秘録 (祥伝社文庫)
祥伝社
山本 兼一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 白鷹伝―戦国秘録 (祥伝社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック