白人はイルカを食べてもOKで日本人はNGの理由  吉岡逸夫

題名がこれでいいのかという内容だが
内容はとてもよい
地味に自分の足と目で取材した内容が後半だんだん染みてきます。

どちらにしても、シーシェパードやそういったやからは
科学や理屈は関係ない
自分たちの勝手な思い込みを
人んとこにもちこむんじゃないと思う。

NHKで大地町のVを見たが
反捕鯨団体の人は宗教的がかってるなと思った、
この本でも実際の活動家は本気で
使命感持ってやっているといいうことだ。
上のほうは政治的だったりお金のことでやってるんだろうけど、
その構成員はその行為にどんどんのめりこんで、
自分の活動に酔って、事故催眠みたいになって
宗教がかった存在へとなっていくんだろーなー。
逆にかわいそう。そんなんことないか、崇高な使命を達成させようとする
高揚感があるんだろうな。十字軍みたいな。





いのちの食べかた [DVD]
紀伊國屋書店
2008-11-29

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by いのちの食べかた [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"白人はイルカを食べてもOKで日本人はNGの理由  吉岡逸夫" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント