「テレビ政治」の内幕

先日の参院選で惨敗した三橋貴明氏と八木秀次氏の対談。 政権交代の流れを生み出したテレビの力がいかに偉大で 偏向しているか。 民主党とは一体どういう政党なのか。 について分りやすく論じている。 民主党の議員は社会主義的な人と30人くらいの保守派を除くと 後はサラリーマン議員というのは確かにそうだな。 主義や理念のない党だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

舛添要一 39の毒舌

毒舌? 全然毒舌じゃない けど 派遣村の話で 派遣村に集まった半分はホームレスで働く気のないやつもいっぱいいた 職も家もないからってんで住み込みのラーメン屋とか用意したら こっちにも職業選択の自由があるって働かない。 頼むから働けるやつは働けよ! ってとこは正直でよかった。 政治の話は全然面白くない。 もっと裏話…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

衆院選です

なんとっても今回は 政権交代 民主党でほんとにいいのか、 農家への個別保障や高速道路無料 こども手当てなど いいの? と思うことも多いですが、 自民党の長期政権による 国家行政の濁った水をかき混ぜて もらうという意味では大事でしょう。 たぶん一般に言われてるけど、 民主党政権、すごく混乱すると思う。 国の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

30日間マクドナルド生活

スーパーサイズミーという映画がありますが、 企画自体は同じですが、ルールはちょっと違う スーパーサイズミーでは スーパーサイズいかがですか? といわれたら断らない、勧められたら残らず全部食べるというルール 日本ではスーパーサイズもないし、お勧めも されないから必要なだけ食べてる。 この企画って自分で勝手に始めてブログにのせ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

態度がデカイ総理大臣

最近見識も実力もない総理が続いてますが、 本書の主人公は独裁者のように日本を 導いた大宰相、吉田茂。 国会すらしょっちゅうサボり、 ブレーンを官僚や官僚出身の議員、 俗に吉田学校というメンバーで固め 自らの考えを強力に推し進めた。 戦後の混乱時期に今みたいにちょっと足を引っ張ると すぐに内閣がぐらつき、ちょっと圧力が加わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

忍びの国 和田竜

戦国時代の伊賀の国、 大名のいない国で内乱をしながら忍びの者を 各地の勢力に派遣して稼ぐ。 伊賀一の使い手の下人の無門を主人公に 百地三太夫、織田信雄、日置大膳などの登場人物で固める。 構成は良く出来ていて、 引き込まれて読んだ。 ちょっと伊勢に伊賀へ攻め込ませる作戦に 無理がある気がしたが、 全体としてとても面白かっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「島津家の戦争」 米窪明美

最初戦国時代の本かと思って手に取ったのですが、 主に幕末期を中心にした本です。 さらに島津家といってもなんと宮崎県の 都城を治めていた島津家の話。 薩摩藩内最大の私領4万石の領主、都城島津家が主人公という ものすごくマニアックな本。 と思ったけど、薩摩藩全体がいかに特色のある地だったのかといのが 良く分る本。 薩摩藩は武…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今だから言える日本政治の「タブー」 田原総一郎

もっと実はこの政局はこうだったとか、 そういう今だから言えるてきなものを期待したのですが、 サンデープロジェクトで政治にどうアプローチしてきたかとか あばいてきたか みたいな本。 だからその時はかなりつっこんだ内容だったんだろうけど、 今では、田原のおかげでもあるが、 知っている内容です。 そいえばそうだったなと振り返る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日米安保を読み解く  大内要三

日米安保についてかなりまじめに考えた本。 日米安保条約に実際に何が記載されているのか。 その歴史。 実際の米軍の配置と自衛隊の戦力。 をきちんと勉強して議論をしようとしている。 感情や雰囲気、社会のなんとなくの流れでない教科書的な本。 だからといってこの人の考える結論と自分の考えが一緒と言うわけではない のだが、 良く勉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

裏切りの民主党

若林亜紀さんの本 2009年秋の事業仕分けの舞台裏を書いた本。 若林さん当人も参加した事業仕分けがどのように行われたか、 そして一生懸命カットした予算がどのようにして復活していくのか、 民主党にがっかりする様がつづられている。 この本を読むと、国の天下り団体って大雑把に言って国が使うお金を受け取って、 必要な場所にお金を出金…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菅が勝ったか~

途中から色んな情報で菅が有利と言っていたが、 小沢の議員票固めがしっかりしてて 結局小沢ではないかと思ったが、 議員票でも菅が勝った。 さすがに世論調査をばんばんやって、 国民は菅を支持しています、って毎日やってんだから、 国会議員だって小沢ってわけにはいかないか。 だからって、小沢か菅かの選択しだから菅になったけど、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小沢の疑惑

検察は小沢を起訴できなかった。 小沢の蓄財に疑惑があるのは確かだが、 どうやっても小沢本人にたどり着けない検察。 政治資金規正法で大久保、石川を逮捕した。 が最終的には小沢の西松建設等からの収賄や、 天の声の存在を暴きたかったはず。 大久保、石川はほんとに逮捕すべき事案なのか、疑問がある。 すべて小沢までたどり着くためのも…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

黄金旅風 飯嶋和一

江戸の初期寛永の頃の長崎を舞台にした歴史小説。 悪奉行竹中釆女を排斥する末次平左衛門の話がメイン。 だが、いろんな話が詰まっている。 末次家の船大将濱田彌平のオランダとの高等な外交。 正義を押し通すのに必要な武力が必要で、その武力も必要以上には使わない。 真っ当すぎる彌平の話は一本別に書いてくれても良かったのではと思ってしまう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小沢一郎研究

櫻井よしこ編集長 新潮45の別冊 面白そうなとこだけ読もうと思ってたら、 面白くて全部読んでしまった。 菅は変な談話を発表したりして、 今度の代表戦負けそうだから、 小沢系の代表になる可能性が高くなった。 小沢がすきか嫌いか、小沢を中心に見ると 政局が生まれる。 この政治家の影響力は計り知れないものがある。 でも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アッシュベイビー

金原ひとみの作品。 完全にエログロの世界。 スパイス効きすぎ。 アッシュベイビー (集英社文庫)集英社 金原 ひとみ ユーザレビュー:つまらない主人公の心 ...才能とモラル他にはな ...「私」の悲痛な叫びを ...Amazonアソシエイト by
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ララピポ

奥田英朗 これはあんまり面白くなかった。 いつも面白いのに。 なんだか冴えない人が次々出てくる 連作小説。 この変な題名はa lot of people 映画にもなったみたいだけど、いい作品のなったのかのかな 見てないんで分らない。 ララピポ (幻冬舎文庫)幻冬舎 奥田 英朗 ユーザレビュー:何度読んでも飽きない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第三の買収

この牛島信という人の小説久しぶりに読んだ。 龍神商事を舞台にした経済小説。 最初に経営者大日向自らによるMBO そしてサラマンダーファンドによる買い付け (これはTBOなのか?よくわからない) そして従業員によるEBOで終結する。 難しいビジネス戦争が行われているんだけど、 わかりやすく展開していく。 第三の買収 (幻冬…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さくら剛

前に「三国志男」を腹をかかえて読んだんだけど、 この人けっこう本出してるんだよね。 読もうと思っててわすれてた。 今回は「インドになんて二度と行くか!ボケ …でもまた行きたいかも」 これも笑える。 どこへ行っても旅行者を騙そうとするインド人ばっかり、 はじめに値段を決めて乗ったリキシャで降りるとき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菅生事件  

消えた警官 坂上遼 菅生事件を詳しく取材して、ドキュメントにした本。 とても読みやすい。 大分県菅生村で起きた警察による謀略事件。 1952年に警察がこの地の共産党員を逮捕するために、 警察みずから交番を爆破しそれをその共産党員の 仕業として逮捕した事件。 この際潜入捜査し謀略事件の実行員だった 戸高という警察官は(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

普天間問題

テレビで流されるものだけ、 新聞ではジックリ読んでなくて、 政治的な部分だけチョロチョロ見て、 民主党はなにやってんだ、なんて 思ったりしてたんだけど やっぱりちゃんと勉強してみようと思って手ごろな本を 探してみました。 そして「この一冊ですべてがわかる 普天間問題」小川和久 という いつも買っては挫折するハウツー本の…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more