テーマ:スポーツ

プロ野球「戦力外通告」、ドラフト1位

野球は嫌いじゃなけど、あんまり見ない。 あえていえば巨人ファンだけど、 球場に見に行ったのも数回。 だけどこの手の本が大好き。 プロの現場がどんなところなのか、 ほんとによくわかる。 才能があって、人一倍努力している人々の集まる世界。 才能や周りのおだての中に自惚れて 埋もれてしまう人もいるし、 努力が報われない人もい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プロ野球問題だらけの12球団 2011版

古関順二著 野球の解説と言うとプロ野球出身の方々が行っているが、 是非こういった評論家の野球解説を見たい聞きたい。 12球団の選手、新人選手その戦力構成を教えてくれます。 わたしはそんなに詳しくないんで、 全部分るわけではないんですが、考え方が良く分って とても面白い。 こういう本を読む、説明を聞くと野球が一段と面白くなる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワールドカップ

デンマーク選は夜早く寝て、 3時におきてみました。 大会にはいてってからの日本代表の力強さといったらないね。 負けたオランダ戦だって終始押されてはいたけど 頑張って防いでいた。 そしてこのまま頑張れるのでは、と十分期待させてくれる戦いだった。 だから1点差の負けでデンマークとの直接対決で引き分けでも決勝とうい 優位にたてた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アントニオ猪木

アントニオ猪木とは不思議な人だ。 私はプロレス好きで猪木大ファンだが、 知らない人は全然知らないんだよね。 名前と顔は分るだろうけど、 友人と話したりしても、 プロレスラー猪木のことを知ってる人って 意外と少ない。 子どもの頃、うちの親父に猪木はブラジルからきた 2世だって聞いてたけど、 「アントニオ猪木 自伝」を読ん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝青龍引退

朝青龍の勝負に徹する姿勢が好きだったんですが 残念です。 感情むき出し、 意気込みだけでなく、 取り組みでも激しく、 最後の最後まで勝負を捨てない根性、 そして結果をきちんと出す。 どのスポーツの世界にもそういう選手が いるけど、 相撲界では少々異端児となってしますようで。 でも今回の引退の原因となった 事件に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京マラソンを走りたい

「傷だらけの天使たち」「日本一の男の魂」の喜国雅彦の マラソンエッセイ。 著者は4回続けて落選中だそうで、 だけど、湘南国際マラソンとかホノルルとか走ってるそうです。 自分も(最近さぼってますが)素人ながら ジョギングをしてまして、 ジョグノートなんかをつけて、月に何キロ走ったなんて記録してたんで、 この中のエピソード…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカは今日もステロイドを打つ

町山智浩です。 面白い。 私はあんまりアメリカのスポーツについて詳しくない。 松井や松坂のメジャーリーグのニュースをみるくらいかな。 この町山氏の紹介する記事はいつも びっくりすることばかり。 マラソンのゴールを超えて走り続ける男。 というトピックスではクラブでパーティーをしている途中 突然走ることに目覚め とにかく毎…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みーさーわ!

日曜の朝徳光の番組で 三沢の倒れた試合の慌てた会場を放送していた。 もう死んだのは分ってる でも 会場の掛け声とともに「三沢ー!」と 声を上げずにはいられない。 立ち上がって欲しい、 いつもいつも蹴られても、殴られても、たたきつけられても なんどでも立ち上がる三沢を見てきた俺は、 ありえない期待を画面の前でしてしまう。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「楽天が巨人に勝つ日」田崎健太

先日テレビで倉敷チボリ公園の廃業を追うドキュメンタリーを見た。 チボリジャパンという第三セクターが経営しているのだが、 はじめはものめずらしさも会ったし、 それなりに施設が充実していたので 年間200万人以上の来園があった。 しかし、役所の性質なんでしょう、 入場者が下降してきても、来客者にたくさん来てもらおうとする 設備…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国際柔道の件です

現在の国際柔道連盟の本部は韓国ソウルにあるそうです。 今はビーゼルというオーストリアの会長ですが、 今回会長の権限が大幅に大きくなり、日本の発言権が より少なくなることが記事になっています。 ずっと前から思っていたのですが、柔道が日本を越えて 国際化するのは大変誇らしく、すばらしいことだと思います。 個別の個人では桂治頑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more