テーマ:ノンフィクション

プロ野球「戦力外通告」、ドラフト1位

野球は嫌いじゃなけど、あんまり見ない。 あえていえば巨人ファンだけど、 球場に見に行ったのも数回。 だけどこの手の本が大好き。 プロの現場がどんなところなのか、 ほんとによくわかる。 才能があって、人一倍努力している人々の集まる世界。 才能や周りのおだての中に自惚れて 埋もれてしまう人もいるし、 努力が報われない人もい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったか

増田俊也氏の大著。何しろ2段組みで699ページ。 今時ノンフィクションでこんなに長いのよく出版できたなー。 なんて思いながらも、まったくその長さを感じさせない素晴らしい内容です。 木村の前に木村なし 木村の後に木村なし と言われた鬼の柔道木村政彦を 徹底的に調べ尽くしている。 今の柔道だけでなく格闘技全般に通じる全ての近代格闘…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東電帝国 その失敗と本質

元朝日新聞の記者 志村嘉一郎氏の著作 電力業界の歴史特に戦後の九電体制に至る過程、 東京電力の歴史について詳しく書かれている。 そして東電がこの失敗を犯すに至った組織の欠陥を検証しています。 かつて「失敗の本質」という日本軍の敗戦に至った組織的な欠陥を分析した 重厚な本があった。 本書の  原発事故はあってはいけない→…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発のウソ 小出裕章

原発関係の本が最近たくさん出てる。 昔はわかりやすくてよくまとまってる本は一部しかなくて、 この本なんか、なんで事故の前に出てなかったんだろう。 事故があってからじゃあもう遅い。 遅いったって真剣に考えなくちゃいけないんだけど。 昔は、ここに書かれてること、放射能ってなんだとか 原発はどうやって発電してるか、 原発の危険性…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国宰相列伝

いっぱい書いてる人守屋洋氏の本です。 本当によくまとまってって最高に勉強になる本です。 この守屋さんはいっぱい本出してる。 どれもしっかりしてるからいいと思う。 この本はそこそこ重厚。 有名人ばかり集めてるんで難しくはない。 管仲、子産、晏嬰、商鞅、孟嘗君、李斯、簫何、陳平、公孫弘、諸葛孔明 の内、実は公孫弘知らなかっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

津波と原発  佐野眞一

たいした分量の本ではないが、中身はぎゅうっと詰まっている。 最初は三陸の被災地に旧知の名物おかまを探し、 共産党の大物幹部を探し、被災地を歩く。 津波の恐ろしさ、映像でさんざん見てきたが、 あらためてその恐ろしさが伝わってくる。 津波てんでんこ、という言葉があるそうだ、 津波に遭ったらたとえ親子でもてんでばらばらになって逃げ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白人はイルカを食べてもOKで日本人はNGの理由  吉岡逸夫

題名がこれでいいのかという内容だが 内容はとてもよい 地味に自分の足と目で取材した内容が後半だんだん染みてきます。 どちらにしても、シーシェパードやそういったやからは 科学や理屈は関係ない 自分たちの勝手な思い込みを 人んとこにもちこむんじゃないと思う。 NHKで大地町のVを見たが 反捕鯨団体の人は宗教的がかって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鬼嫁合衆国  河本準一

いやー うちのかみさんもかなりこわいから どんなもんかとおもったけど 河本のかみさんもこわいねー 共感できる話が満載です。 気晴らしに読むのが良い。 鬼嫁合衆国ワニブックス 河本 準一 (次長課長) Amazonアソシエイト by
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発崩壊 増補版 明石昇一郎

昔はよく原発関係の本を読んでいた。 ネットとか普及する前の頃、だから相当前だと思う。 広瀬隆を中心に反対も推進もちょこちょこ読んでた。 当時は本ぐらいしかなかった。 最近は少し興味が薄れて、新聞がメインで週刊誌とネットを少々で情報を見てた。 テレビは全然原発の特集しないから、事故があっと時くらい。 それも(今回もそうだが、)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昔 父は日本人を殺した

NHKスペシャルです。 久々に心に響く一本です。 沖縄戦の話ですが、いつも日本軍がどうのこうのって話が多くて 話がまぎれるんだが、日本に上陸して攻撃してきたのは アメリカ軍。 日本人を殺したのはアメリカ人だ。 もちろん戦争の敵国だからアメリカも必死だったのかもしれないが、 民間人を大量に殺したのもアメリカ人だ。国際法違反。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プロ野球問題だらけの12球団 2011版

古関順二著 野球の解説と言うとプロ野球出身の方々が行っているが、 是非こういった評論家の野球解説を見たい聞きたい。 12球団の選手、新人選手その戦力構成を教えてくれます。 わたしはそんなに詳しくないんで、 全部分るわけではないんですが、考え方が良く分って とても面白い。 こういう本を読む、説明を聞くと野球が一段と面白くなる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

凡宰伝

佐野眞一氏のノンフィクションです。 凡人宰相といえば小渕恵三です。 本人にも取材した人間小渕、政治家小渕の両方を描き出した作品です。 小渕にスポットライトをあてたノンフィクションは少ない。 今リーダーシップを問われる非常事態。 こんなときに求められるリーダー像がここにある! って感じでもないけど、意外とどんどん重要法案を通す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

布川事件の無罪判決が出た

足利事件や志布志事件、他たくさんの冤罪事件が生まれている。 警察、検察は何のために捜査しているのか。そして裁判所は何を裁いているのか。 結局この布川事件で足利事件でも冤罪被害者の人生をだいななしにして、 さらに真犯人を逃してしまっている。 こいつを犯人にして早く捜査を終わらせよう。 そう考えたのか? 袴田事件ではまだ死刑囚だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more