テーマ:戦国

山本兼一

白鷹伝というの火天の城という信長物の2作品を読んだ。 信長を支えた技術者の話。 物語の視点が全く新しくて、特に火天の城は引き込まれた。 白鷹伝は小林家鷹(実在)という浅井、信長、秀吉、家康の鷹匠として仕えた人の物語。 ブラタモリで少し鷹匠のことを見てたのでイメージ湧いた部分もあったけど、 全く知らない分野で全く知らない人な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岡山戦国物語

現在の岡山県、かつて備前と呼ばれた地域の 戦国時代史である。 山名家、赤松家、赤松家の家来筋の 浦上家、松田家ときて浦上氏の家来筋宇喜田家へと支配者は変遷していく。 下克上の典型的な展開です。 本書は当然のように宇喜田直家がメインにすえらえています。 斉藤道三や北条早雲と同じく国とり物語としてとても 魅力的な存在であるが最…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

忍びの国 和田竜

戦国時代の伊賀の国、 大名のいない国で内乱をしながら忍びの者を 各地の勢力に派遣して稼ぐ。 伊賀一の使い手の下人の無門を主人公に 百地三太夫、織田信雄、日置大膳などの登場人物で固める。 構成は良く出来ていて、 引き込まれて読んだ。 ちょっと伊勢に伊賀へ攻め込ませる作戦に 無理がある気がしたが、 全体としてとても面白かっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「島津家の戦争」 米窪明美

最初戦国時代の本かと思って手に取ったのですが、 主に幕末期を中心にした本です。 さらに島津家といってもなんと宮崎県の 都城を治めていた島津家の話。 薩摩藩内最大の私領4万石の領主、都城島津家が主人公という ものすごくマニアックな本。 と思ったけど、薩摩藩全体がいかに特色のある地だったのかといのが 良く分る本。 薩摩藩は武…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グラフィック図解 長篠の戦い

なんだかこの本は3Dメガネでバトルフィールドが飛び出して見えるということなのだが、、 これは全然期待はずれです。 なんの価値もない。 でも長篠の戦いをまとめた本としてはよくできている。 地図も多いし絵もあって見やすいです。 武田の騎馬軍団が実際はどんなものだったのか、 織田の三段打ちはあったのか、 とかとか 陣立てなんか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秀吉の枷

加藤廣氏の本能寺3部作のうちの2作目。 1作名が信長の棺、3作目が明智左馬助の恋。 天下を取ってからの秀吉の心情を書き込んでいて、 今までの秀吉像とまた違うところがたくさんあっておもしろい。 とにかく苦悩ばっかりでその苦悩を読んでるうちに、 朝鮮出兵やら関白秀次の一族皆殺しなどがどんどん進んでいく。 外からみてるとなんと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

信長の棺 加藤廣

名探偵太田牛一 信長の死の真相を探る というような副題が似合いそうな、 歴史ミステリー 信長、秀吉、光秀らの本能寺の頃の動きを 丹念に推測していく牛一のねばりが 真犯人をあぶりだしていく。 白昼夢に助けられる部分があり、 それあり?とちょっぴりおもうけど 色恋あり、大仕掛けありのミステリーとしては 大変面白い。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

哄う合戦屋  北沢秋

昨年話題になった「のぼうの城」も新人だったけど こちらも新人なのにとても面白い。 戦国時代、中信濃での小豪族の戦いを描く。 武田信玄がまだ諏訪をとったあたりで この地方へはこれから進攻してくるところ。 今までは信玄がいかに苦労して信濃に領土を広げるか とうい小説が多かったけれども、 これは攻められる側の物語。 3800石…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

戦国武将はイケメンがお好き?

題名に引かれて読んでみました。 戦国時代の性風俗事情をフロイスなんかの記述から 掘り起こしてます。 後半に信玄や政宗の男へのloveレターが出てます。 テレビなんかでもこのloveレターやってたんで 知ってはいたけど、こうして本で読むと、 ほんとなんだな~と改めて思います。 政宗は只野作十郎というあまり知らない武将なんだけ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「新説 桶狭間合戦」 橋場日月

桶狭間の戦いといえば、 織田信長の一世一代の奇襲攻撃によって 凡将の今川義元を討ち取った事件。 特に義元については、 公家のような姿でバカな大将というのが定番。 織田に10倍する大軍で京を目指すが、 先勝に気をよくして、地元の農家にもらった 食べ物なんかを振舞って、 宴会を始めて、突然の大雨のドサクサに 信長に襲われて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more